DAYの未来は、、、

こんにちは〜

猛烈に忙しく最高な土日でした〜^ ^

昨日は112名のお客様がご来店したhair brace

確かに忙しかった

でも

数年前に比べると、過去最高売り上げを更新するような日でも、「え?今日過去最高??あれ?そんな忙しかった?」とレジ締めしてから気づく事が多いです^ ^

それだけスタッフの対応や立ち振る舞いが
お客様想い、スタッフ想いになってきたんだなぁ〜
と思うと嬉しくなります^ ^

忙しい時にイライラしても忙しさは変わらない

イライラも笑顔も感染力ハンパない

忙しい日の店内に良い影響を与える人が何人いるのか?

大事ですね^ ^

せっかくなら笑顔の感染力高めていきたいものです

2017年も残りわずか

笑顔で忙しさを乗り切りましょう^ ^

さてさて、昨夜は毎月恒例のTHE DAY鈴木塾は場所を居酒屋に変え忘年会となりましたw

DAYから徒歩10分の場所にある鬼丸

美味いよーー!!!

シメのラーメン作りに本気のクマ

フーフーしてもらって食べるジョブスw

1人ひとり2018年の抱負発表をしてもらいました

コウダイ 熱いハート持ってますね

モモコも内に秘めるメラメラ感ハンパない

DAYのアシスタントとして、情熱をどう形にして行動に繋げるのか?
すごく将来が楽しみな2人です^ ^

DAY最年少スタイリストの尾形

おじ様に人気だそうです
さらにおじ様に気に入られるコツを伝授しときましたw

整体師のルーカス

美容室×整体
DAYは今までにない新しい形を作るのに必死です
でもお客様のニーズに応えてこそなんですよね

真面目なルーカスは悩みぶつかり、悩みぶつかりの繰り返しでどんどんいい男になっていってます^ ^

ママ美容師の森川

来年は今年以上に頑張るそうです
自分の顧客を増やす為に頑張るそうです

「頑張る」
言葉は誰にでも言える

力強く「頑張る」と言ってた目線は

www

左利きな事を祈りますw

日色 憲一

明確に目標数字を出してました

皆さん、忘れないでください
指名目標は7月に200人。12月に250人

達成しなかったらフル○ンで千葉みなとへダイブするらしいので今から楽しみです12月のダイブがw

DAYは日色 憲一にとって人生の大きな分岐点だったはず

自分が選んだ道を太くするのも細くするのも自分次第

大きな道にして後輩が働きやすい環境を作って欲しいものです^ ^

期待してます!ダイブ

ラストは代表クマ

さすがのひと言ですよクマは

15年前は自分がどうしたら良く見えるのか?どうしたらトップに立てるか?そんな事ばっかりだったのに

今はどうしたら皆んなが最高の人生になれるのか?
どうしたらお客様が幸せになれるのか?

利己から利他へ変わりました

このトップは強いです

みんな真剣に聞いて心が震えてました

泣いてるし(笑)

うん

みんな最高だよーー!!

来年も安心してクマに任せて放置プレイしますw

帰りは森川に家まで送ってもらいました

即爆睡(笑)

ありがとう!!

さーーーー
今日は朝から打ち合わせ三昧!

今夜は都内で忘年会!

それまでガッツリ仕事しまーす!!

ジャイアン鈴木の自己紹介

Facebook友達申請はお気軽に^ ^
ひと言メッセージもらえると嬉しいですw

鈴木 淳也 Junya Suzuki

株式会社ブレイス/ビーリレーション株式会社 代表取締役社長

美容室「hair brace」「brick by brace」・メンズサロン「THE DAY cut&culture shop」・アイラッシュサロン「asot eye design」・セミナールーム「b-relation」を運営。
自身もhair braceのトップスタイリストとしてハサミを持つ傍ら、月間指名300人を目指す「美容師塾」の塾長、オンラインサロンNO LIMITオーナーを務めている。

2010年、千葉県千葉市中央区の三越百貨店前に40坪サロン「hair brace」をオープニングスタッフ12人でスタート。
2012年、フロア拡大により保育士の駐在するキッズルーム、ネイルサロンを完備するトータル100坪サロンへ成長。
2013年、経営危機に、、、
美容師脳での経営に限界を感じ経営塾や自己啓発セミナーなどで経営者になる為の勉強をしV字回復
2016年、メンズオンリーサロンTHE DAY CUT&CULTURE SHOPをオープン。
40日後にアイラッシュサロンasötをオープン。
2018年、カラーに特化した美容室brick by braceをオープン。
オープンから9年間、求人広告費0円でスタッフ総数45名まで増員。
離職率を下げ、人を育てることで着実に規模を拡大している。

座右の銘は
「明日死ぬかのように生き、永遠に生きるかのように学ぶ」

詳しいプロフィールはこちら