千葉県は広い。そして実は仲が悪い?

こんにちは〜

昨日は某美容専門学校の外部評価委員会からスタート

評価委員会で今まで知らなかった専門学校の内情などを聞いてると、美容専門学校の経営って

難しそうだなぁ、、、と。

千葉県は今年新たに美容専門学校が1校増えたので7校もあるんですよ!

ただでさえ小高齢化で若者も減って昔と違って美容師になりたい子は減少中なのに、、、

特に男の子はめちゃくちゃ減ってますね〜

1割もいない学校もありますからね

長時間労働、安月給、社保未加入、手荒れ、師弟関係

そんな昭和な美容師のイメージが蔓延してるのかなぁ〜

美容師のイメージを変えていかないとですね
『美容師になりたい!』と思っても周りの美容師を知らない大人達に夢を壊されますし、、、
まぁ、ぶっちゃけただでさえオーバーストアーなんで、そこまで増えなくてもいいんだけど、、、

評価委員会を終え事務仕事

夕方から船橋へ

セライロの北元さんにお誘いしてもらい

前から柏に飛ぶ鳥を落とすかの如く飲食店で店舗展開してる最高な人がいる!
って柏チームから聞いてて、ずっと会いたかった1人だったんです高瀬さん^ ^

いやぁ〜みんなが絶賛する意味がわかった

最高な思考で最高な仕組み作りしてる

そして何より

最高に働いてる!

うん。

好きだわぁ〜

しかし柏方面って面白い人多いなぁ〜

よく『千葉の人たちって仲が良いですよね〜』
とか言われるけど

実は最近なんですよ柏方面と仲良くなってきたの

千葉って意外と大きくて

意外と地域の派閥があるwww

千葉市より東京方面の千葉県民は千葉市を田舎って
小馬鹿にするんですよー!

特にココ周辺!

千葉都民地区

千葉県民なのに千葉県民と思ってない

都内で『どこに住んでるの?』と聞かれても

「千葉県だよ」とは口が裂けても言わない千葉都民

「浦安〜」と言いますwwww

そう

千葉県民としての

誇りはゼロ!

酷い人たちですねwww

柏も千葉都民寄りかなぁww

地図で見ると千葉市と柏って近いんだけど

電車で1時間もかかるんですよ!!

千葉市と柏市は昔から絡む事が少ない理由の1つです
あとは柏はヤンキーが多いから危ない街ってイメージもあるから近寄らないって理由ww

でもここ数年で柏方面の美容室オーナーとのご縁が広がり、仲良くなり、グッと近付きましたww
岩田BOSSは『いつも俺らが千葉市に行ってて、あいつら全然こっちに来なくない?』って言ってるらしいけどwww

みんなが集まりやすいのは船橋!

船橋って千葉都民も柏方面も千葉市からも集まりやすいんですよね〜

船橋で飲み屋やりたいなぁ〜

あ、話し逸れたw

昨夜はみやまの火鍋でご縁を広げ、2軒目はもんじゃ!

けっこう飲んで話しは熱く、熱く、熱く、、、

やっぱ千葉都民相手だと熱くなりすぎたーーーw

もうちょいで殴り合いだったな

(嘘)

最高でした^ ^

皆さま、ありがとうございました^ ^

また集まりましょー!!

1人ネオジャパへ

相変わらずスタッフもお客様も皆んなが仲良しで

コツコツ頑張ります^ ^

さーー

今日は休み!!

しっかりリフレッシュします!

では!

鈴木 淳也 Junya Suzuki

株式会社ブレイス/ビーリレーション株式会社 代表取締役社長

美容室「hair brace」「brick by brace」「knot hair&products」・メンズサロン「THE DAY cut&culture shop」・アイラッシュサロン「asot eye design」・飲食店「torico」を運営。
自身もhair braceのトップスタイリストとしてハサミを持つ傍ら、月間指名300人を目指す「美容師塾」の塾長、オンラインサロンNO LIMIT・ONEMILLION $・オーナーを務めている。
2010年、千葉県千葉市中央区の三越百貨店前に40坪サロン「hair brace」をオープニングスタッフ12人でスタート。
2012年、フロア拡大により保育士の駐在するキッズルーム、ネイルサロンを完備するトータル100坪サロンへ成長。
2013年、経営危機に、、、
美容師脳での経営に限界を感じ経営塾や自己啓発セミナーなどで経営者になる為の勉強をしV字回復
2016年、メンズオンリーサロンTHE DAY CUT&CULTURE SHOPをオープン。
40日後にアイラッシュサロンasötをオープン。
2018年、カラーに特化した美容室brick by braceをオープン。
2019年、knot hair&products成田店をオープン。
2019年5月 初となる飲食店toricoをオープン
離職率を下げ、人を育てることで着実に規模を拡大している。

座右の銘は
「明日死ぬかのように生き、永遠に生きるかのように学ぶ」

詳しいプロフィールはこちら