ひじょーーに難しい局面だ

こんにちは

昨日は事務所からスタート

ロックダウンになった時の準備やらZOOMの研究やら、コロナ対策一色でした

夕方からtorico出勤

ワインセラーを確認すると、、、

きたーーー!!

発注しても生産数が少ない上に、人気でなかなか入荷しないSKINきたーーー!!

スロバキアオレンジワイン

マルヴラ ティンドSKIN17

青リンゴのような香りに 程よい果実感!
とにかく飲みやすい!!

比較的どんな料理にも合わせやすいワイン!

ほんとオススメなんです(//∇//)

だがしかし、、、

↓↓↓

ほんとコレ!

声を大にして
『誰か飲みに来てー!』
と言いたい、、、

でも

言えない、、、

個人的には
『え?インフルエンザになりたくないから飲み会とか控えてた??』
って感じだけど今はそんな事を言ったら国賊扱いだろう

なんせインフルエンザと違い特効薬がないからね、、、

東京都内での新型コロナウイルス感染者急増を受け、東京と埼玉、千葉、神奈川、山梨の1都4県はそろって住民に不要不急の外出自粛を呼び掛けてる

でも国も県も市も飲食店に対し

『営業停止にしなさい』とは言わない

あくまでも消費者側への自粛の呼びかけだし、はっきりと定義があるものでもない、、、

「定義のある性質のものではない。個人の判断になる」
との事、、、

自粛要請は、海外で相次ぐ都市封鎖ほど強制力のある措置ではないんですよね、、、

だからこそ

ほんと難しい局面!

ハッキリ言って飲食店はコロナの影響で大打撃なんです

このまま続けばバタバタと潰れるでしょう、、、

『飲食店は1ヵ月間休みにしてください!直近3ヵ月平均から売り上げは7割保証します』
とか国が発表してくれたらどんなに頼もしいだろう

飲食店への保証は決まってません
でも飲食店には行かないでください

これさ、、、

「飲食店よ、ジワジワ死ね!」
って言ってるのと変わらないからね??
パチンコはよくて飲食店がダメな理由をハッキリ教えてくれよ!

体力がない人から死んでいくのと同じで
体力がない飲食店から死んでいく

多くの飲食店が先が見えない不安と戦ってます

その中で少しでも売り上げを確保して潰さない為に営業してるんです

だって死ぬとわかっていて何もしない人います??

だから外出禁止や飲食店営業禁止って国が決めるまでは

堂々と営業する

もちろんアルコール消毒バッチリしてね!!

昨夜は暇だったので早めに上がり、コロナ対策関係者と情報交換しながらオレンジワインを^ ^

ちょっとそれぞれの会社に迷惑かけそうだからボカシとくww

『これ、内緒ですよ?』
って裏話がめちゃくちゃ勉強になった!!

そして改めて

堂々と営業する!

あ、クレームは夢でね!

いちいち自分の正義を振り回して論破してこようと思わないでくれよな( ͡° ͜ʖ ͡°)

あ、toricoでワイン注文してくれたら少しは聞くよww

って事で今夜も元気にtorico出勤してます^ ^

SKINは残り1本です!
今の予約状況的には俺が飲み干すのが濃厚ww

お待ちしてます^ ^

オレンジワインなら

ボトルがお得な

toricoへ!

千葉駅から徒歩5分!

お待ちしてます!

鈴木 淳也 Junya Suzuki

株式会社ブレイス/ビーリレーション株式会社 代表取締役社長

美容室「hair brace」「brick by brace」「knot hair&products」・メンズサロン「THE DAY cut&culture shop」・アイラッシュサロン「asot eye design」・飲食店「torico」を運営。
自身もhair braceのトップスタイリストとしてハサミを持つ傍ら、月間指名300人を目指す「美容師塾」の塾長、オンラインサロンNO LIMIT・ONEMILLION $・オーナーを務めている。
2010年、千葉県千葉市中央区の三越百貨店前に40坪サロン「hair brace」をオープニングスタッフ12人でスタート。
2012年、フロア拡大により保育士の駐在するキッズルーム、ネイルサロンを完備するトータル100坪サロンへ成長。
2013年、経営危機に、、、
美容師脳での経営に限界を感じ経営塾や自己啓発セミナーなどで経営者になる為の勉強をしV字回復
2016年、メンズオンリーサロンTHE DAY CUT&CULTURE SHOPをオープン。
40日後にアイラッシュサロンasötをオープン。
2018年、カラーに特化した美容室brick by braceをオープン。
2019年、knot hair&products成田店をオープン。
2019年5月 初となる飲食店toricoをオープン
離職率を下げ、人を育てることで着実に規模を拡大している。

座右の銘は
「明日死ぬかのように生き、永遠に生きるかのように学ぶ」

詳しいプロフィールはこちら