人事評価制度

こんにちは〜

今朝は昨日のセミナーでもらった本を読みながら電車通勤

うーーん、、、

やっぱり人事評価制度をしっかり作って取り入れたいなぁ〜

美容師の評価基準って店によって様々だと思うんですけど

指名売り上げ、総売り上げ、店販売り上げ

なんだかんだスタイリストは売り上げが評価基準で給料へ反映される事がほとんどなのでは??

ブレイスも基本的には指名の人数と売り上げで評価基準が決まってます

でもずっと違和感を感じてるんですよね

確かに指名売り上げは大事なんだけど

売り上げあればいいのか?
って

後輩教育をしない

遅刻が多い、営業中ゲームやる、サボる、ルールを守らない、後輩に冷たい

でも指名売り上げは高いってスタイリストと

経営理念に基づいて後輩教育をしてくれる

目標達成に向けて取り組んでる

思いやりがあってサロンを明るい雰囲気にいつもしてくれる

コスト削減を常に考えてくれてる

でも指名売り上げはまだ少ないってスタイリスト

どっちが評価されるべきか??

って思うわけですよね

人事評価制度は給料を決める為のものじゃなくスタッフの成長、スタッフの幸せな将来の為なんですよね

うーーん

経営理念、基本方針、行動理念、ビジョン

からの人事評価制度

うーーん

ほしい、、、

ビジョン経営実践塾

来年から入塾しようかな、、、
高いけど

もう少し迷いますw

さーーーーーーー

今日は朝からバタバタしてましたね

朝イチでホットペッパーの再契約!

年間648万の契約( ̄O ̄;)

もう覚悟を決めましたよ(笑)

ホットペッパーで新規集客しなくてもブレイスは経営難にはなりません

まだ指名の少ないスタイリストは新規のお客様を担当しないと指名は増えないし、そもそも経験が積めないんですよね

早く成長するには1人でも多く担当して実践を積むのが1番なんですよ

スタイリストの成長の為の648万円
スタイリストにはしっかり理解してもらいたいっすね

からのメンズプレッピー?フレッピー?ww

業界紙の取材でした

THE DAYを10月号?に掲載してくれるらしい

楽しみですね〜

オープンまで10日ちょい

頑張りまーす!!

じゃーー

またーー

brace suzuki

Facebook友達申請お待ちしてまーす
ジャイアン鈴木の自己紹介

鈴木 淳也 Junya Suzuki

株式会社ブレイス/ビーリレーション株式会社 代表取締役社長

美容室「hair brace」「brick by brace」「knot hair&products」・メンズサロン「THE DAY cut&culture shop」・アイラッシュサロン「asot eye design」・飲食店「torico」を運営。
自身もhair braceのトップスタイリストとしてハサミを持つ傍ら、月間指名300人を目指す「美容師塾」の塾長、オンラインサロンNO LIMIT・ONEMILLION $・オーナーを務めている。
2010年、千葉県千葉市中央区の三越百貨店前に40坪サロン「hair brace」をオープニングスタッフ12人でスタート。
2012年、フロア拡大により保育士の駐在するキッズルーム、ネイルサロンを完備するトータル100坪サロンへ成長。
2013年、経営危機に、、、
美容師脳での経営に限界を感じ経営塾や自己啓発セミナーなどで経営者になる為の勉強をしV字回復
2016年、メンズオンリーサロンTHE DAY CUT&CULTURE SHOPをオープン。
40日後にアイラッシュサロンasötをオープン。
2018年、カラーに特化した美容室brick by braceをオープン。
2019年、knot hair&products成田店をオープン。
2019年5月 初となる飲食店toricoをオープン
離職率を下げ、人を育てることで着実に規模を拡大している。

座右の銘は
「明日死ぬかのように生き、永遠に生きるかのように学ぶ」

詳しいプロフィールはこちら